女性の薄毛の症状

男性だけでなく女性も薄毛になります。しかし、男性と症状に違いがありますので女性特有のよくある症状をご紹介します。まず、瀰慢(びまん)性脱毛症は、抜け毛の症状が全体的にあらわれ、髪の量が減って分け目の皮膚がくっきりして地肌が透けて見えてくるのが特徴で30代後半以降に最も多くみられる脱毛症です。次に、女子男性型脱毛症(FAGA)と言って最近では女性もAGA(男性型脱毛症)と同じように前頭部や頭頂部から薄毛が進行する症状です。そして、産後に抜け毛が多くなる女性特有の分娩後脱毛症や、皮脂が毛穴を塞ぐ為炎症を起こし抜け毛に至る脂漏性(しろう)脱毛症や、乾燥したフケが毛穴周辺を塞ぎ頭皮に炎症を起こし抜け毛に至る粃糠(ひこう)性脱毛症や、幼少期から髪を毎日くくっていたり引っ張る状態が続いたときに髪の分け目がくっきりする牽引性(けんいん)脱毛症があります。そして、ストレスから起こる円形脱毛症は直径1センチから3センチ程度の円形に髪が抜け落ちる脱毛症で時間の経過とともに自然治癒しますが薄毛の治療法と異なるので皮膚科を受診されることをおすすめします。最近では女性専用クリニックがありますので気になる方は早めの対策をお勧めします。